かまきりさん初登場

0
    かまきりさん最近の日課、それはかまきりさんを確認しにいくこと。朝、というか昼に近いけど目が覚めるとまっ先に会いにいくのがこちらのかまきりさん。お住まいは僕が育てたひまわり。ここはきっと餌が豊富で隠れるのにもいいんだね。油虫を好んで食べているからひまわりと共存ともいえる。驚くのはとなりのひまわりには別のかまきりさんがお住まいだということ。大きさもほとんど一緒。雨が降る日も、晴れの日もいつも二っついる。おかげでひまわりは3鉢に合計8本育っているんだけどこの鉢だけ日当たりの良い場所に出せないでいる。だって雨があたるところにおいたらきっとかまきりさんは旅立ってしまう。昨日も今日もかまきりさんのとなりにテーブルをだしてチャイを飲んだ。実はこのかまきりさんの親と思われるおおきなかまきりさんにも遭遇してる。いつだったけな、家にもどって車から降りて、玄関の前でおおきなかまきりさんに遭遇。すいませんけど、玄関なんでって首をつかんで木の葉っまで移動していただいた。すっかりそんなこと、忘れていたけど2匹の小さなかまきりさんをみて思い出したよ。いつまでこの小さな楽しみは続くかな?

    TIME ,PLACEそして想いの共有

    0
      CARAVAN 野音だいぶ経っちゃったけど、まだまだ鮮明に印象に残ってるよ。それは6月4日の日比谷野外音楽堂。数々の名演が生まれた場所でまたひとつ記録されるにふさわしい一日。恥ずかし気もなく自分でそういうふうに思うよ。この日の満員の会場とCARAVAN、そしてそれを支えたメンバーの演奏、すべてが一体となったライブはきっと忘れないよ。演奏しながらみんなが泣いた。いままで積み重ねた時間や景色が走馬灯のように蘇ったな。同時にここでこれだけたくさんのみんなと想いを共有できたことがうれしくて、うれしくて泣けてきた。でもまた泣き止んだら次の場所へ進もうね。みんなもそれまでGOOD TRIPで。

      On the road

      0
        on the roadCARAVANのライブで北海道に上陸して、そのまま僕だけは残ったんだ。rikuoさんのライブにゲスト出演するためと、YAMAHAのイベントに出る合間に北海道在住のギタリスト関さんを訪ねた。僕が憧れていたslow lifeがそこにあったよ。関さんは家族と音楽とゆっくりとした時間の流れのなかで穏やかに笑っていた。一緒に音も出せたし、幸せだったなぁ。実は数年前に札幌で共演した時に関さんと僕の音楽が似ているって直感したんだ。楽器は違うけど音の周りの空気がやさしい色になるところや子供のように無邪気に音を出すところ、あー、この人と一緒に音を紡ぎたいなって。それも遠くなく実現しそうで本当にうれしいな。写真は息子さんと二人で歩いた道。北海道の道は僕にとって憧れだったアメリカの田舎道を思い起こさせる。景色はちがうけど。こういう道に立つと久しぶりにジャック・ケルアックの
        On the roadを思い出したよ。道の先に何が待っているんだろう?ってね。答えはね今回は教えてあげるよ。でっかい石狩川。

        バスに乗って

        0
          caravanツアーCARAVANのツアーもついにのこすところ最終クール、仙台と札幌そして日比谷の野音でファイナル。全国このバスで駆け抜けたなぁ。いろいろな想い出、出会い、次の目的地。CARAVANがひとりひとり集めた4人のメンバー、おみちゃん、伊賀君、ぴーすけ、そして僕。このメンバーが集まってから2年近い歳月がながれたことになる。最近みんなが感じ始めたこと、セッションではなくバンドであるという意識。この感覚に至るまで2年というのは短い方だと思うよ。普通はもっともっと長くかかるんだ。このメンバーが一緒にすごした日々はとにかく内容が濃い。CARAVANが言うように意味があって出会えたメンバーだと思う。僕らのやろうとしていることにはなんのマジックもない。思っていること、信じていることにただただ正直なだけだ。子供みたいに純粋な仲間、出会えてよかったな。

          カスタムフリーク

          0
            子供じゃないの?カオサンストリートから一気に横浜の庭先へ。子供の頃からホントにカスタム・フリークです。何でも分解するし、自分でやってみたくなるんだよ。いまも全然変わってないし、懲りてない。(ごめん。)CARAVANの全国ツアーに向けてオルガン用のレスリー・スピーカーに挑んでいる。楽器の修理やメンテもこうやってひとつひとつ覚えていったんだ。スタジオを手作りした時も内装からエアコンの取り付けまで、およそミュージシャンのすることではないと思うけど、あっ、そうだ思い出したよ、実家にいたころマンションの天井ぶち抜いてコンクリートをむき出しにしてペンキ塗っちゃたんだ。ごめんね、って今謝ったりしちゃって。みんな笑うけどテレビのリフォーム選手権に出たいと真剣に思ったことがあるよ。車もいじって改造したなぁ。でもさぁ、子供だからできあがると興味が次いっちゃうんだよね。それで僕の愛車たちは友達が乗ってたりします。

            バックパッカーたちへ

            0
              カオサンストリート世界中のバックパッカーたちはタイのカオサンストリートの安宿街に集まり、情報をあつめ次に行きたい場所やルートを探すって、そんなことが高橋 歩さんのLOVE&FREEの中に書いてあったっけ。僕がタイに行ってみたいと思ったのはバリ島で出会ったベンという放浪者のおじさんがきっかけだ。ベンは地中海のキプロス島に家を買ってずっと住んでいたけど、だんだん島に観光客が増えてきてゆっくり暮らせなくなったから、家を売って世界を旅していると言った。『僕には帰るところはないんだ。家を売ってしまったからね』彼はやさしく、静かに語った。家族は?とかいろいろ聞いてみたいことがあったけど、なにも聞かなかった。ベンの目はきらきらと澄んでいる。そして彼は僕に聞いたんだ。『タイに行ったことがあるかい』ってあそこは古くてアジアらしいものと新しい文明社会の両方があるんだよって。カオサンには世界中のバックパッカーが集まっていた。街は喧騒と様々なFOODの匂いにあふれ、その熱気は夜中にむかってゆるやかなカーブを描く。僕はその中でネオンを見上げ、バックパッカーたちが育った世界中のいろいろな景色とそこにある日常に想いを馳せるのだった。

              ライライライPART2

              0
                ライライライ2ライライライの生まれた景色、その続きだよ。みんなどこから来て、どこへいくんだろうね。いつまでもここに立っていたかったなぁ。

                旅人よ象に乗れ

                0
                  象の背中カンチャナブリーからさらに車で2時間、国立公園に向かった。滝でブルブル震えながら泳いだあと、ついに象に乗る。ずっと考えていたんだ。象の背中は硬いのか?とか温かいのか?って。答えは教えてあげないよ。だって僕にもうまく説明できないから。ただじっと手をあてて伝えたんだ。乗せてくれてありがとうって。大きな背中からはゆったりとした生のエネルギーが伝わってきたよ。

                  SUGAR-CANEより

                  0
                    SUGAR-CANEより一日本当にこれ以上無理というくらい遊んで、今夜のねぐらはSUGAR-CANEという名前もいかした水上バンガロー。川の上に浮いている水上コテージなんだ。これからね夕日をみながらバナナを食べるよ。今日も一日が終わろうとしているんだね。体はクタクタだよ、でもこころはずっと歌ってる。EASTERN&WESTERN、明日はどこへいこう?

                    バスに乗って

                    0
                      バスにのってオンボロバスに乗ってカンチャナブリーという田舎街を目指す。バスの扉は前も後ろも全開、おまけに窓も全開、バスは車体を軋ませながら見かけからは思いもよらない速度で進むんだ。容赦なく顔に吹き付ける熱風を道連れに3時間、着くころには鼻の穴も頭も砂だらけだね、きっと。でも僕は笑っている。このバス、なんだかすっごい楽しいよ。そうさ、旅をしてるんだって。ふととなりを見ると、野菜売りのおばちゃんは強風と大揺れの中あぐらかいてウトウトしてる。おばちゃん優勝だねってつぶやいたらこっちを向いてウンウンって。僕もだんだんボーっとしてきて荒井良二さんの『バスに乗って』を思い出す。泊まるところどうしようかなんてさっきまでの心配がいつのまにか消えちゃったよ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      HAMMER STREET
                      HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
                      CRAZYFINGERS, Dr.kyOn, YANCY, リクオ, 斉藤・有太

                      recommend

                      recommend

                      白い花
                      白い花 (JUGEMレビュー »)
                      八代亜紀, YANCY, 荒木一郎

                      links

                      profile

                      書いた記事数:124 最後に更新した日:2018/11/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM