カスタムフリーク

0
    子供じゃないの?カオサンストリートから一気に横浜の庭先へ。子供の頃からホントにカスタム・フリークです。何でも分解するし、自分でやってみたくなるんだよ。いまも全然変わってないし、懲りてない。(ごめん。)CARAVANの全国ツアーに向けてオルガン用のレスリー・スピーカーに挑んでいる。楽器の修理やメンテもこうやってひとつひとつ覚えていったんだ。スタジオを手作りした時も内装からエアコンの取り付けまで、およそミュージシャンのすることではないと思うけど、あっ、そうだ思い出したよ、実家にいたころマンションの天井ぶち抜いてコンクリートをむき出しにしてペンキ塗っちゃたんだ。ごめんね、って今謝ったりしちゃって。みんな笑うけどテレビのリフォーム選手権に出たいと真剣に思ったことがあるよ。車もいじって改造したなぁ。でもさぁ、子供だからできあがると興味が次いっちゃうんだよね。それで僕の愛車たちは友達が乗ってたりします。

    バックパッカーたちへ

    0
      カオサンストリート世界中のバックパッカーたちはタイのカオサンストリートの安宿街に集まり、情報をあつめ次に行きたい場所やルートを探すって、そんなことが高橋 歩さんのLOVE&FREEの中に書いてあったっけ。僕がタイに行ってみたいと思ったのはバリ島で出会ったベンという放浪者のおじさんがきっかけだ。ベンは地中海のキプロス島に家を買ってずっと住んでいたけど、だんだん島に観光客が増えてきてゆっくり暮らせなくなったから、家を売って世界を旅していると言った。『僕には帰るところはないんだ。家を売ってしまったからね』彼はやさしく、静かに語った。家族は?とかいろいろ聞いてみたいことがあったけど、なにも聞かなかった。ベンの目はきらきらと澄んでいる。そして彼は僕に聞いたんだ。『タイに行ったことがあるかい』ってあそこは古くてアジアらしいものと新しい文明社会の両方があるんだよって。カオサンには世界中のバックパッカーが集まっていた。街は喧騒と様々なFOODの匂いにあふれ、その熱気は夜中にむかってゆるやかなカーブを描く。僕はその中でネオンを見上げ、バックパッカーたちが育った世界中のいろいろな景色とそこにある日常に想いを馳せるのだった。

      ライライライPART2

      0
        ライライライ2ライライライの生まれた景色、その続きだよ。みんなどこから来て、どこへいくんだろうね。いつまでもここに立っていたかったなぁ。

        旅人よ象に乗れ

        0
          象の背中カンチャナブリーからさらに車で2時間、国立公園に向かった。滝でブルブル震えながら泳いだあと、ついに象に乗る。ずっと考えていたんだ。象の背中は硬いのか?とか温かいのか?って。答えは教えてあげないよ。だって僕にもうまく説明できないから。ただじっと手をあてて伝えたんだ。乗せてくれてありがとうって。大きな背中からはゆったりとした生のエネルギーが伝わってきたよ。

          SUGAR-CANEより

          0
            SUGAR-CANEより一日本当にこれ以上無理というくらい遊んで、今夜のねぐらはSUGAR-CANEという名前もいかした水上バンガロー。川の上に浮いている水上コテージなんだ。これからね夕日をみながらバナナを食べるよ。今日も一日が終わろうとしているんだね。体はクタクタだよ、でもこころはずっと歌ってる。EASTERN&WESTERN、明日はどこへいこう?

            バスに乗って

            0
              バスにのってオンボロバスに乗ってカンチャナブリーという田舎街を目指す。バスの扉は前も後ろも全開、おまけに窓も全開、バスは車体を軋ませながら見かけからは思いもよらない速度で進むんだ。容赦なく顔に吹き付ける熱風を道連れに3時間、着くころには鼻の穴も頭も砂だらけだね、きっと。でも僕は笑っている。このバス、なんだかすっごい楽しいよ。そうさ、旅をしてるんだって。ふととなりを見ると、野菜売りのおばちゃんは強風と大揺れの中あぐらかいてウトウトしてる。おばちゃん優勝だねってつぶやいたらこっちを向いてウンウンって。僕もだんだんボーっとしてきて荒井良二さんの『バスに乗って』を思い出す。泊まるところどうしようかなんてさっきまでの心配がいつのまにか消えちゃったよ。

              ライライライ

              0
                ライライライ僕のアルバムの最後の曲、『ライライライ』この曲が生まれた時の景色をみせるよって何人かの人たちと約束したっけ。その約束を果たすよ。『ライライライ』はこの景色をみて感じたんだ。一瞬だけね。すべての存在が一緒だって。あれからそんな気持にはめぐりあっていないけどまたいつか出会うよ、そのために旅を続けてるんだから。

                水上に住む

                0
                  水上マーケットタイでも有名な水上マーケットにやってきた。水の上に家があるというのはなんだか不思議だけど、子供のころ自分の家の窓から釣り糸をたらしてみたいなぁって思っていた無邪気な頃をふいに思い出す。景色は全然ちがうけど『千と千尋〜』で窓から下をみると海になっているシーンを見た時もそうだった。一瞬で子供の頃にトリップするんだ。

                  春だよね。

                  0
                    春だよね。いよいよ春がやってきたみたい。僕の家の窓からはこんな眺めになった。冬が寒かっただけにこの景色をずいぶん待ったなぁ。冬の間はじっとしていたけどまた前に進みたくなったよ。まだまだやりたいことがいっぱいあるんだ。出したい音がね。

                    チャイナタウンのホテルにて

                    0
                      旅のはじまりの一枚。バンコクのチャイナタウンに着いたのは夜。とりあえず眠って目が覚めたらこの眺めだった。さて今日からどこへいこうか。ワクワクと少しの緊張。どんな出会いがあるんだろう?


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      HAMMER STREET
                      HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
                      CRAZYFINGERS, Dr.kyOn, YANCY, リクオ, 斉藤・有太

                      recommend

                      recommend

                      白い花
                      白い花 (JUGEMレビュー »)
                      八代亜紀, YANCY, 荒木一郎

                      links

                      profile

                      書いた記事数:120 最後に更新した日:2018/04/12

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM