winter flower

0
    winter
    みなさん、寒いですね。この時期、外にあった植物も家の中に入れています。でもサンフラワーはちょっと油断して、運ぶのが面倒だなぁって思って、いまのところ元気だなぁと思っていたらその二日後くらいには一気に葉っぱが茶色くなって霜焼けみたいになってしまいました。きっとある温度を境にかわるんだろうね。ごめんね。でもって写真は冬の花が僕の机の上で咲いています。さくらさんにいただいた水仙の切り花。もう一週間くらいたつのにさらにつぼみも開いてとてもいいです。冬に花が咲くなんていいですね。だって競争相手も少なそうだし、見ている方も和みます。上の葉っぱは横を通る時に枝を折ってしまった葉っぱ。なんだか葉っぱと水仙で南国チック。こちらの植物はらちさんに誕生日に送っていただいたもの。らちさんごめんなさい。でも元気ですよ。ちょっと葉っぱが折れちゃったけど。部屋にはいろいろ植物があるけど冬のツアーの間が心配だなぁ。ターシャさんみたいに温室があったらなぁ。いつか温室欲しい。最近はプランテッドが愛読書ですよ。子供のころ親父が無心に庭いじりをするのを見ていて、何が楽しんだろう?って思ったけど、意外にに楽しいよ。いや実に楽しいかも。いとうせいこうさん、ボタニカルライフだね。

    あけましておめでとうです。

    0
      sunrisesunrise2
      みなさんあけましておめでとうです。昨年は本当にお世話になりました。僕がこうして鍵盤に向き合っていられるのは本当にみんなの応援があるからだって思います。心からありがとうをいいたいです、そして今年もがんばるのでよろしくお願いします。みんなはどんなお正月でしたか?僕はいつもだったら横浜のカウントダウンで過ごすんだけど、今年は行けなくてごめんなさい。実は中野サンプラザで椿屋四重奏のカウントダウンライブに参加していました。とってもいいライブでした。それにしてもいいバンドだなぁ。椿屋。僕の中のロック魂にも火がついたよ。さあ2007年だね。どんな年になるかなぁ?みんなにとってもいい一年でありますように。

      メリークリスマスでした。

      0
        メリークリスマス
        みなさんメリークリスマスでした。みんなはどんなクリスマスを過ごしたんだろう?僕の住んでいるところも車で帰ってくると奇麗にライトがついた家をみかけます。この時期だけだもんね。また来年までクリスマスのライトってかたづけられちゃうんだね。この時期しか出さないもの、そうそう僕も24日がまさに終わろうとしているときに引っ張り出しました。ビング・クロスビーのクリスマスアルバム。CDじゃなくてブチブチノイズの入るアナログ盤というのがいいんですよ。10インチだからおそらく60年代のレコード。すごく気に入っているけどまさに一年に一回しか聴かない。でも思いだしてよかった。忘れたらまた一年、棚の中だもんね。静けさの中にビング・クロスビーの甘くダンディーな声が響くと、なんだか厳かな気分。いや〜昔はよかったねなんてなんだかもうじいさんにでもなったかのよう。それは冗談としてもやっぱり音楽、楽器、家具、車、みんな古いものが好きだなぁ。とかいいながらデジカメを買い替えようか迷っていたりもするんだけどね。

        朝ご飯、どちらかというと昼ご飯でしょう。

        0
          morning
          ほんとうに寒くなってきたね。こうして外でご飯食べるのもそろそろ限界。また来年の春まではお家のなかで過ごさないとね。暖かい時期はよくこうして家の前で食べるんだよ。とにかくこの景色がお気に入りだから。起きてから食べるから僕にとっては朝ご飯だけど、世間からいったらお昼ご飯だね。だってさぁ、寝るのがだいたい5時くらいだから起きるとお昼前くらいなんだよ。ミュージシャンはやっぱり完全な夜型だね。農作業してるおっちゃんがいいでしょ。カップはさよちゃん作。カエルくんがよじ登っている。ずっとお気に入りでチャイを毎日このカップで飲んでるからだいぶいい感じに育ってきました。これからすこしづつ僕の身の回りのことをBLOGに書いてみたいと思います。みんなも書き込みしてくださいね。

          どうもどうも。

          0
            cake
            誕生日のケーキです。第一弾はりえさんの手作りケーキ。すんごいおっきいんだよ。こちらはMOONEYチームで一緒にいただきました。人数が多かったからあっという間だったけど、本当は独り占めしたかったな。りえさんありがとう。そしてその下は三重のゆかりちゃんからのケーキ。うーんすごくいいですね。こちらはcaravanチームで一緒に食べてあっという間になくなりました。食べちゃうとさぁカタチがなくなっちゃうじゃない。だからみんなにも見てもらいたかったので遅ればせながらBLOGにのせました。他にもいただいたプレゼント、みんな大切にするね。それに祝ってくれたみんな、ほんとにほんとにありがとうです。

            CARAVAN TOUR

            0
              mini9mini8mini7mini6mini5mini2CARAVANツアー、いいですね。時に楽しく、時にせつなく。ON A TRIP。本当にいい仲間だよ。明日からはクレフィンツアーだ。がんばろっと。

              奇跡の日、で軌跡の日

              0
                kotez&yancykamakirisan
                今日は素敵な日だったよ。まず起きて出かけようとしてTシャツを着ようとしたら、なんとかまきりさんが白いクローゼットの扉にくっついてたの。ウォー、となる。かまきりさん元気だったか?立派になったなぁ。慌ててカメラを取りにいく。しかし急に帰ってくるなんて、しかも家にあがりこんで。部屋の中だよ。どうなんてんだろう?疑問とうれしさでちょっとパニック。しかしうれしい。かまきりさん、部屋の草花に水をやるバケツみたいのに入っていただいてしばらく話した。僕がはなすと目をこちらに向けてじっときいている。『元気だったか?』にはじまり『立派になっちゃって』とかいろいろ話したよ。それでもって家の庭に移動していただいた。だって家の中には餌がないだろうし僕が寝ている時とかにつぶしてしまう可能性があるから。毎日帰ってきたらかまきりさんが居るのもいいなぁとちょっと考えたけど、やっぱり外に離すことにした。ひまわりのあった場所にはなすと、柱を一生懸命に屋根の方まで上り、そこから羽をひろげて飛んだ。おもわず手をたたく。おまえ、飛べんのかって。すごいなぁ。かまきりさんが降りたところは家の玄関のまえ。そう僕が去年、親かまきりに遭遇したところ。きっとその場所に帰ってきてるんだなと察知する。あとは自由にやってくれとかまきりさんに伝え、僕はコテヤンのレコーディングに向かう。この時点でもう一時間の遅刻だ。コテツくんやスタッフのみんなにもかまきりさんのことは伝えていない。だってかまきりさんとの再会を喜び合っていたなんて言えない。でも僕の心にはまたひとつ小さく温かいものが生まれた。KOTEZ&YANCYのレコーディングはすべて完了した。僕もコテツくんも本当に満足できるものが仕上がった。二人だけのすべて一発レコーディングなのに録音されたトータルタイムは10時間を超えた。いつかこのレコーディングのコンプリート版が世に出ることがあったらCD15枚セットになっちゃうことになる。毎日よく弾いたなぁ。クタクタになってもう限界かな?と何度も思ったけど、そこからさらに集中力と底力を出すことを学んだよ。僕にとっての新たな軌跡になることは間違いないと思う。そう、僕はピアニストだって胸を張っていえる。

                KOTEZ&YANCY

                0
                  takagi
                  SOWANのレコーディングのあとは、すぐに横浜に戻って吉永政巳くんのレコーディング。こちらも進行中。そして翌日は僕がつくったBAND、チカホメニーのレコーディング。こちらはギターにアン・サリーで一緒だった関さん、ベースにcaravanで一緒の伊賀くん、ボーカルにはハミングキッチンの石井ももこちゃん、スティールにはかっちゃんこと佐藤克彦さん。ドラムがマグノリアの椎野さん。おおはたくんにも弾いてもらう予定。豪華でしょ。まだ数曲だけどものすごいことになっています。ゆる〜いの。このプロジェクトは僕本人が一番楽しんでいるのかも。でもさぁ、やっと出来るようになったんだもん。いいよね?楽しんじゃったりしてもさ。そしていよいよ今日から2週間にわたってKOTEZ&YANCYのレコーディング。いまも結構クタクタです。だって今日は10時間くらいピアノ弾いたよ。今回はみんなからもリクエストが多かったけど、ついにKOTEZくんと二人でどこまでも潔く。ベースもドラムもありません。本当にピアノに向き合います。以前にこのBLOGでも書いたけど、高木クラビアのスタインウェイのフルコン(フルコンサートピアノ)。さすがピアノの王者は風格が違う。でも高木クラビアの人とお話していたら、なんとこのフルコンはなんと去年クローズしたコロンビアのスタジオにあったもの。ということは僕が八代亜紀さんのアルバムのレコーディングのときに弾いたピアノだと判明。思わず涙ぐむ(そんなわけないよね、大袈裟すぎました)でも、う〜、元気だったかーと一気に愛着が。あの時もすばらしい音だと思ったけど、今回弾いててとても幸せだったなぁ。あ〜、いつか自分ん家に欲しいなぁ。値段をきいてびっくりだけど、長さにもびっくり。部屋に入らないでしょうね。きっと。明日からもよろしくね。

                  レコーディングの日々2

                  0
                    kawaguchiko2

                    レコーディングの日々1

                    0
                      kawaguchiko1
                      みなさんご無沙汰しています。なかなかblog更新できなくてごめんね。ここのところライブも結構あるけど、レコーディングの日々です。こちらはシンガーソングライター、SOWAN SONGのレコーディング。河口湖スタジオです。メンバーはLRの黒沢秀樹くんプロデュースでギターにおおはた雄一くん、ドラムにGOMEZ THE HITMANの高橋さん、ベースにシアターブルックの中條さん、キーボードが僕で、アコギとボーカルが本人、SOWAN。みんなでよく飲んだよ。毎日朝の5時すぎまで。河口湖スタジオは宿泊施設もいいからね。すごく快適で大家族のような生活だったよ。飲んだ翌日もみんな録音のときはスイッチが入るの。う〜んプロフェッショナル。すごくいい作品になりました。発売が本当に楽しみです。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • なかぱんラバー
                        sachi
                      • なかぱんラバー
                        sachi
                      • 文化放送 ガキパラ
                        sachi
                      • 那須 WORLD RECORDS
                        sachi
                      • 時間が欲しいね
                        sachi
                      • West Bungalow Studio 2017
                        shinji
                      • 音楽は生き様
                        恵美子と達生
                      • Travelin'Man
                        恵美子と達生
                      • KOTEZ&YANCY ニューアルバムと一夜限りのスペシャルショー
                        恵美子と達生
                      • BSジャパン『私の履歴書』テーマソング 大きな樹の物語
                        shinji

                      recommend

                      HAMMER STREET
                      HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
                      CRAZYFINGERS, Dr.kyOn, YANCY, リクオ, 斉藤・有太

                      recommend

                      recommend

                      白い花
                      白い花 (JUGEMレビュー »)
                      八代亜紀, YANCY, 荒木一郎

                      links

                      profile

                      書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/12/07

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM