目指すところ

0

    この土地に出会いそして長生き工房、渡邊さんと汗、笑い、涙とともに必死の
    思いで建てたこの家に住み始めてまもなく1年半になる。家の外観のレッドシダー
    は黄色やオレンジ色から味わい深いシルバーになり、昔からずっとここにたって
    いたような佇まい。渡邊さんがその土地や住む家族のために考え抜いてくださ
    った家はもうすっかり家族や土地と同化して、永年住んできたような雰囲気まで
    醸し出している。渡邊さんが家作りの時におっしゃっていた言葉が今もずっと
    響く。それは半年や一年、相当な無理をしたって平気ですよという言葉だ。
     その言葉の通り、明日目が覚めないかもと思うくらい頑張った半年、その日々
    は今も、そしてこれからも色あせることのないものだ。渡邊さんと過ごしたこの
    日々は僕や家族の夢を紡ぐドリームハウスをもたらしたが、実はそれだけでは
    なかった。
     必死の思いでがんばった日々は大工道具の使い方や家の構造などへの理解を
    深めたのは確かだが生活してみて気づいたのは、この青春のような日々は実に
    いろいろな気持ちの変化をももたらした。僕は自分の仕事や、夢、家族、あら
    ゆることに必死でそして夢中になるようになった。特に仕事への向き合い方や
    考え方は変わったと思う。先頃できあがった叶さんのアルバムもきっと渡邊さん
    に出会う前の僕ではできなかったと思う。いや正確に言うと違う。できたとは
    思うが、ここまで到達はできなかったはずだ。そつなくこなすのと、200パー
    セント全力で作り上げるのでは出来上がるものに大きな違いがある。そしてその
    経験はなんと積み重なる。次第にそつなくなんてことが出来なくなっていくのだ。
    仕事も生活も。
     青春はいくつからでも始められるという言葉の意味が少しわかってきたように
    思う。そして何事にもずっと青春、何事にも取り組むことには熱く全力、そして
    熱くなれないことは追いかけない。そんなことを考えていて、丁度読み始めた
    D&DEPARTMENTのナガオカケンメイ氏の本にまさに同じことが書かれていて
    驚いた。
     今みかん(完成時、未完だったため長生き工房、ゆきさんが命名)の家で子供
    達の笑い声や泣き声が響き、洗濯機の音や猫が爪を研ぐ音が佇み、ピアノの音が
    踊り、今この瞬間は僕がPCを打つ音と階下で炒め物をする音が混ざり合う。一日、
    一日紡がれていく生活の景色。
     こんなとことん愛着を持てる家を建ててくださり、その上大事なことに気づかせ
    ていただいた渡邊さんやゆきさんには感謝してもしきれない。渡邊さん、一生のうち
    半年や一年無理したって確かに平気ですね。でもずっと全力で青春している渡邊さん
    のようになりたくなってしまいましたよ。
     これからも宜しくお願いいたします。
     
    長生き工房
    http://www.nagaiki-kobo.com/
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    HAMMER STREET
    HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
    CRAZYFINGERS, Dr.kyOn, YANCY, リクオ, 斉藤・有太

    recommend

    recommend

    白い花
    白い花 (JUGEMレビュー »)
    八代亜紀, YANCY, 荒木一郎

    links

    profile

    書いた記事数:117 最後に更新した日:2017/08/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM