ホームページのスケジュールが更新できなくなっています。ひとまずブログでスケジュールのお知らせ。

0

    11月15日(金)
    KOTEZ&YANCY
    大阪・堺 ばーるばなーれ
    open/18:30 start/19:30
    前売3500円/当日4000円
    (+1drink500円)
    大阪府高石市羽衣1丁目6-33ルネ羽衣1階
    0723394990

    11月17日(日)
    KOTEZ&YANCY
    京都・一条寺 Cafe Norwegianwood
    open/17:00 start/18:00
    前売3000円/当日3500円
    23歳以下及び短期滞在外国人 2000円
    075-721-2568
    https://cafenorwegianwood.wordpress.com/

    11/18(月)
    KOTEZ&YANCY   O.A.今野邦彦
    愛知・今池 りとるびれっじ
    open/18:30 start/19:30
    前売3000円/当日3500円
    共に要1ドリンクオーダー
    http://littlevillage.nomaki.jp/
    名古屋市千種区内山3-6-14
    山八第二ビル 1-D
    052-732-7210

     

    11月21日(木)

    自由が丘マルディグラ

    YANCY’S GUMBO STEW

    open/19:00  start/20:00

    charge2300円

    http://www.jiyugaoka-mardigras.com

    03-3722-6892

     

    11月23日(土)

    Live Music JIROKICHI

    Quncho & Chuji 20th anniversary SUPER SOUL LIVE!

    クンチョウ(vo,g) 長岡忠治(g)ゲストKOTEZ&YANCY

    open/18:30  start/19:30

    前売3500円当日4000円

    03-3339-2727

    http://jirokichi.net

     

    12月5日(木) 6日(金)

    北京ブルーノート

    福原美穂 Live At 北京BLUENOTE

     

    12月7日(土) 8日(日)

    上海ブルーノート

    福原美穂 Live At 上海BLUENOTE


    VINTAGE VIBE でパーツ注文

    0

      アメリカニュージャージーにあるVINTAGE VIBE、ローズやウーリッツァー、クラビネットなどのビンテージキーボードのパーツ販売やレストア、カスタムする会社です。業界ではNO1だと思います。キーボーディスト以外には全く用のない会社かと思いますがど僕みたいなビンテージキーボードマニアには本当に会社があってくれてありがとうと心底思える会社です。

       VINTAGE VIBEができた当初20年くらい前からネットでチェックしていて、こんな会社が日本にあればなぁと思っていました。

       

      さてVINTAGEVIBEのネット販売で今回はクラビネットとフェンダーローズのレストアパーツ、ミニムーグ とVOXジャガーオルガンのキーブッシングを注文。カートに入れてカードで会計、5日後には届きました。本当に世界は狭くなったね。

       さて空いた時間にミニムーグ のブッシングを交換。分解して鍵盤部分を外して、鍵盤カバーや鍵盤シャーシを外したところ劣化したブッシングは硬化したり、場所によってはなくなっていました。僕のミニムーグ がシリアルナンバーからすると1972~73年あたりのものなので製造から46年くらい。それは劣化する筈です。しかも劣化したところに前オーナーが無理やり、スポンジをはめたりしていたのも判明。こういうの余計に調子悪くするので、きちんと専用パーツで直さないと其の場凌ぎは絶対にダメです。

       さて劣化したブッシングを全部取り除き、古くなって固まったグリースも全掃除。パネルも綺麗にしてVINTAGE VIBEから届いたNEWブッシングをはめて、可動箇所を再びグリースアップ。凸凹でカタカタいっていた鍵盤は見事に新品の時のように滑らかになり、鍵盤も歯並びがよくなりました。こうして自分で直すとさらに愛着が湧いてしまいますね。またクラビネット直したら記事にします。

      好きな人は是非VINTAGE VIBEからパーツを取り寄せてやってみてください。ただし、手先が結構器用で、根気と集中力に自信のある方にだけオススメします。そうでない方は宮地楽器さんやレオミュージックさんに相談してくださいね。僕もよくお世話になっています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      YANCYが弾くYAMAHA CP88動画が一挙公開

      0

        YANCYが3月1日に発売されたYAMAHAのステージピアノのニューモデル CP88を弾く動画が一挙公開されました。デジマートマガジンのページでは解説付きで様々な音色でCP88のサウンドや機能を紹介しています。またホームスタジオではリラックスしてNew Orleansスタイルの独特の転がるピアノやラグタイムが進化してJAZZになっていった頃の左手が強力なStride Style、その上YANCYが敬愛する細野晴臣氏の名曲ハリケーンドロシーを独自の解釈で弾いています。是非ご覧ください。CP88のサウンドの良さとYANCYのピアノスタイルが一挙に堪能できます。

        CP88×YANCY  https://www.youtube.com/watch?v=b12KA...

        Stride Piano   https://youtu.be/58AnkOxAQUM

         New Orleans piano 1   https://www.youtube.com/watch?v=N1HLVYz--K4

         New Orleans piano 2   https://youtu.be/u4Huvb016UI

        New Orleans piano 3   https://youtu.be/x72Xz1K-YAY

        ハリケーンドロシー   https://youtu.be/nDvliXsNDZQ


        なかぱんラバー

        0

          館山なかぱん

          相変わらず最強です。モーニングはこのセットで380円。ほんとは毎日行きたい。パンもバターも美味しいです。近所にあったら危険。ここでいつも過ごしてしまうからね。でもちょっと距離があって良かった。

          昭和からタイムスリップしたかのような感覚。チキンバスケットやカレーやシチューとパンのセットもあります。どれも600円から700円くらいです。


          文化放送 ガキパラ

          0

            文化放送ガキパラ聴いてくださった皆様ありがとうございました。武田真治さんと岡部磨知さんとのブギウギセッション。一発勝負のスリリングなものでしたがとても楽しいひと時でした。この日はYAMAHAの新しいステージピアノ CP88 の発売日でした。すごくいい音で技術の進歩を感じます。ずっと弾いていたくなるピアノです。 CP88 に関しては間も無く僕が解説した動画がアップされますのでそちらも楽しみにしていてください。


            KOTEZ&YANCY Back To JIROKICHI

            0

               

               学生の頃から観に行っていたライブハウス、高円寺JIROKICHI。BLUESやSOUL、ゴスペルといったブラックミュージックはここしかないと思って育った。毎月あったBLUESセッションに行っては少しでも店の人や先輩ミュージシャンに名前を覚えてもらうのに必死だった20台。いつしかそんな憧れのライブハウスにいくつかのバンドやユニットで出演するようになって、KOTEZ&YANCYでCDデビューしてからはKOTEZ&YANCYでもライブをさせていただくようになった。それからずいぶん時が経ってご無沙汰してしまっていたJIROKICHIに二人で帰ってきた。JIROKICHIは何も変わっていなくて相変わらず最高のライブハウスだった。僕らを育ててくれた西新宿にあったライブハウスの山田さん夫妻も駆けつけてくださり、KOTEZ&YANCYの進化を心から祝福してくれた。こういうお店がミュージシャンを育てるんだね。これからは定期的にJIROKICHIで演奏してさらに進化したいと思う。房之助さん、ホトケさん、山岸さんなど先輩方がみんなそうしてきたように。来てくださったみなさん本当にありがとう。


              真夏の空飛ぶピアノ

              0



                暑い暑い夏の日、空飛ぶピアノ再び。長年一緒にいたYAMAHAのグランドピアノ G3とはお別れ。辛いけれどもより良いレコーディングのために仕方がない。実家に置いていたG5を僕のスタジオ、West Bungalow Studioに入れました。2台のピアノが空を飛ぶことに。横浜にプライベートスタジオがあったときからずっとお世話になっているピアノ運送の会社、いつもながらのプロフェッショナルな仕事であっという間に入れ替わりです。暑い中本当にご苦労様です。さぁG5を調律すれば入れ替え終了。ハモンドのB3やウーリッツァー、レスリー スピーカーもしばらく手をかけていなかったものを全部いい状態にしました。そうWest Bungalow Studioでいよいよバンドレコーディングをスタートさせていこうという試み。今まではプロデュースした楽曲のアレンジやデモ制作を主にこのスタジオで作業して来ましたが、楽器も状態良くスタンバイさせて録音機材も現代的にアップデートして、いよいよここで全て録音してしまおうという試み。やはりどんなにDTMやデジタル技術が進化してもアコースティック楽器の同録の表現力や立体感に勝るものはないのです。まだすぐにはレコーディングできませんがなるべく早くアコースティック楽器の録音をスタートさせたいと思います。


                West Bungalow Studio 2017

                0



                  この土地に運命的に出会って必死で長生き工房さんと建てたスタジオと自宅。あの夏の熱すぎる日々から早いものでまもなく3年となる。忘れてはいけない初心。今でも鮮やかにあの時の気持ちを思い出せるし、この建物を建てるという音楽とは何ら関係のないハードすぎる経験は明らかに僕の仕事への向き合い方をも変えた。それは大工道具の使い方ということではなくこうしたいと思ったらそれは必ず実現させられると信じられる気持ちだ。そんな思いでこれからも精一杯音楽を作り出していこうと思う。3年経ってもまだまだ家は完成していない。ご覧のように薪ストーブの煙突もまだ未完。しかし仕事の内容に合わせてスタジオは機能的になってきた。というか仕事をする上で効率よくするにはそうならざるおえないのだが。ようやく現在のスタイルで一番必要なスタジオの姿がわかってきたところ。アレンジ仕事に没頭できる環境ができてきたかな?資料として僕のバックボーンを支える大量のレコードも実家から引越してきました。音楽にとことん没頭して疲れたら外に出ればのどかで美しい景色。野菜を植えている畑も3年めにしてやっといい土になってきたようだね。本当に沢山の方に助けていただいて今があるんだと思う。初心を忘れず。僕に多大な影響を与えた長生き工房の渡辺親方もますます突き進んでいるのでいつも刺激されっぱなしです。http://www.nagaiki-kobo.com

                   


                  portraits by MIKAN HAGIWARA

                  0


                    萩原美寛氏にポートレート撮影をしていただいた。

                    日本にいるとは思えないこの独特な空気感。氏のこだわりが

                    僕の今を見事に包み込んだ写真だと思います。キーボード

                    好きの為に、上はホーナーのピアネット、そして

                    下はカラフルでスペースエイジなデザインのmoogの

                    sourceどちらもお気に入りなビンテージキーボード。

                    氏の写真展も開かれる予定ですので、そのときはまた

                    告知いたします。


                    KOTEZ&YANCY ニューアルバム

                    0


                      何年ぶりになるのだろう?KOTEZ&YANCYのニューアルバムのレコーディングがスタート。KOTEZ&YANCYも気づけば20年。お互いにいろいろな音楽に参加していまもこうして一緒にアルバムを出せるというのは恵まれていると思う。そして応援してくれる人がいるから僕らは音楽ができるのだと思う。そして僕らがみんなに返せるものはとどまらず進化しつづけること。KOTEZ&YANCYはスタート時点からある意味とんがっていた。今思うと恥ずかしいことだらけで、なんでそんなにとんがりたかったんだと不思議におもうことも沢山ある。でもなぜかジャンル分けをされること、何々風といわれることには抵抗があった。ブルースをシャッフルで演奏するのにも抵抗があったし、わかりやすいブルースファッションをするのも大嫌いだった。もちろんルーツミュージックは何より好きだったけど、自分たちは黒人ミュージシャンの真似をしても意味がないと最初から思っていた。
                       今思えばそれこそがKOTEZ&YANCYが続いてきた理由だといえる。ありそうでないもの、うーん難しいね。いちばん。でもお前等はブルースじゃない、JAZZじゃない、一体何がやりたいのと言われ続けた答えはKOTEZ&YANCYだ。自分たちが影響を受けてきた音楽をジャンルに関係なくすべてミックスして、ピアノとハーモニカというとてつもなく不自然なDUOで表現する。それは本人達以外には絶対に出来ないことだから。そうして得た個性が今を支えていると思う。
                       二人の20年間は活動はKOTEZ&YANCYというスタイルになったと思う。だから今はどんな曲を演奏しようとも、どんな編成で演奏しようとも必ずKOTEZ&YANCYになる。
                       というわけで今回はバンドスタイル。みんなの期待を裏切る自信はたっぷりだ。期待を裏切ってがっかりさせるのではなく、そうきたかとニヤッとさせる。ここ数年の僕はプロデューサー的な仕事を重ねてきた。今回は演奏者としてという以上にKOTEZ&YANCYをプロデュースするような取り組みだ。そしてルーツミュージックへの愛情を表現しながら、いままでのルーツミュージックにはなかったもの、うまく説明できないけどとにかくYEAHという感じ。もうしばらく待ってて欲しい。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • なかぱんラバー
                        sachi
                      • なかぱんラバー
                        sachi
                      • 文化放送 ガキパラ
                        sachi
                      • 那須 WORLD RECORDS
                        sachi
                      • 時間が欲しいね
                        sachi
                      • West Bungalow Studio 2017
                        shinji
                      • 音楽は生き様
                        恵美子と達生
                      • Travelin'Man
                        恵美子と達生
                      • KOTEZ&YANCY ニューアルバムと一夜限りのスペシャルショー
                        恵美子と達生
                      • BSジャパン『私の履歴書』テーマソング 大きな樹の物語
                        shinji

                      recommend

                      HAMMER STREET
                      HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
                      CRAZYFINGERS, Dr.kyOn, YANCY, リクオ, 斉藤・有太

                      recommend

                      recommend

                      白い花
                      白い花 (JUGEMレビュー »)
                      八代亜紀, YANCY, 荒木一郎

                      links

                      profile

                      書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/12/07

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM